Category : 葉酸が豊富な食べ物

つわりがひどい時にも食べやすい、葉酸たっぷりの食物とは?

化学的に合成された葉酸の体内利用率は、85%です。ですから、合成葉酸が100㎍配合されたサプリを飲んだ場合、体に吸収されるのは85㎍なんですね。

たとえば妊娠中の女性の葉酸の必要量(1日当たり)は400㎍ですが、葉酸400㎍配合のサプリを飲んだとしても、60㎍程度葉酸が足りません。残りの分を食事等で摂取しないと、400㎍には達しないのです。

その足らない分をサプリメントで補うというのもアリですが、食事で補うのもまた良いことです。

そこで当記事では、葉酸が豊富に含まれた、妊娠中の女性でも食べやすい食物、主に野菜をご紹介いたしますので、妊娠中の食事の参考にしていただければと思います。

葉酸が含まれている妊婦でも食べやすい食品

葉酸 食品
つわりがひどい、食欲がないときにでも食べやすい、葉酸の多く含まれている食物を以下にまとめてみましたのでご覧ください。

枝豆

枝豆には100g当たり260㎍の葉酸が含まれています

葉酸は水に溶けやすく熱に弱いという性質を持ちますが、枝豆はさやによって栄養素が守られるので、さやごと茹でて食べる場合にはたくさんの葉酸を摂ることが可能です。

ちなみに食物から摂れる天然葉酸の体内利用率は50%です。枝豆を100g食べると130㎍の葉酸が吸収されるとお考えください。

ほうれん草

鉄分やβカロテンが豊富に含まれるほうれん草には、葉酸も豊富に含まれています。

茹でた場合でも100g当たり110㎍もの葉酸が残りますので、妊娠中の女性におすすめの食物です。

ブロッコリー

ブロッコリーには葉酸ばかりでなく、葉酸の吸収の効率を高めるビタミンCも豊富に含まれています。

ほうれん草と同じく、茹でてもかなりの量の葉酸が壊れずに残りますので、おすすめです。

どれくらいの葉酸が残るのかというと、100g当たり120㎍です。ほうれん草よりもすごいですね。

いちご

洗うだけで食べられ、味もさっぱりしているいちごは、体調が悪いときにでも食べやすいですよね。

いちごには100g当たり90㎍の葉酸が含まれています。

エリンギ

エリンギには100g当たり65㎍の葉酸が含まれています。また、カリウムや食物繊維もたっぷりなので、体を健康に保つのにももちろん役立ちます。

以上、葉酸が豊富に含まれる、妊娠中でも食べやすい食物をいくつか紹介してまいりました。

天然の葉酸の体内利用率は、先述のように50%ですから、食物だけで葉酸の必要量を賄うのは、かなり難しいといえます。ですから基本的には合成葉酸サプリで葉酸を摂取し、足りないぶんを食事で補うと考えてくださいね。

葉酸をしっかりと摂れば、胎児に障害等の発生するリスクが低くなりますから、ぜひとも気を付けてみてくださいね。

オススメ葉酸サプリを調べてみました!→葉酸サプリnow | 妊娠前後に効果がある葉酸サプリの飲み方