Category : 青汁を継続してみて

美人赤汁に使用されているスーパーフルーツ10種の栄養&特徴まとめ

スーパーフード美人赤汁。最近どんどん口コミで広まってきているようです。しかしこの赤汁、公式HPを見ても原材料名がちょこちょこと記載してあるくらいで、各フルーツがどのような栄養素を含有しているのか、詳しくは書いてないんですよね。

それらフルーツの栄養成分を知りたいという方も多いのではないでしょうか。

「よくわからないフルーツばかりでいまいちピンとこない」
「各フルーツの栄養成分をまとめてほしい」

そんな方々に向け、当記事ではスーパーフード美人赤汁の原材料に使用されている10種のフルーツの、栄養素や特徴などをご紹介いたします。

栄養価高すぎ!?スーパーフルーツ10種の栄養成分

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは「サンカクサボテン」類の果実の総称で、発祥地ははっきりしないものの、中央アメリカから南アメリカ北部のどこかという見立てが有力であるようです。

100gに350㎎ものカリウムを含み、アントシアニンなどのポリフェノール類も豊富に含まれています。

ブルーベリー

目に良い果物として知られているブルーベリー。100gになんと450㎎ものアントシアニンが含まれています。このアントシアニンは、網膜内にあるロドプシンという光の情報伝達を担う成分の再合成を促すため、ブルーベリーは目に良いと言われるわけですね。

その他にもアントシアニンには血流促進をサポートする働きがあり、これが肥満予防などに役立ちます。

ビルベリー

ビルベリーもまた、アントシアニンを多く含むフルーツです。目の調子を整えるサプリメントなどに配合されることも多いようです。働きとしてはブルーベリーとそんなに変わらないでしょう。

ラズベリー

甘酸っぱくておいしいラズベリー。このフルーツにはアントシアニンなどのポリフェノールが含まれる他、「ラズベリーケトン」という独自成分が含まれています。

マウス実験では体脂肪減少作用が確認された今注目のダイエットフルーツです。

リンゴンベリー

リンゴンベリーはビタミンやミネラル類のほか、厚生労働省に「美白効果がある」と認められた美容成分「αアルブチン」を含んでいます。美容と健康に良いフルーツです。

アセロラ

ジュースに用いられることの多いアセロラ。このフルーツには1日に必要な量の約20倍ものビタミンCが含まれています。100g当たり1677.6㎎。すごいですよね。

アサイー

アサイーには100g中に450㎎のポリフェノールが含有されています。また、鉄分が非常に豊富で、その含有量は100g当たり54㎎前後。これはレバーの3倍ほどの数値です。

その他、カルシウムや食物繊維も豊富に含まれています。

グランベリー

グランベリーにはプロアントシアニジンというポリフェノールが多分に含まれています。これは血液をさらさらにしたり、活性酸素を抑制するのをサポートする働きを持ちます。

またグランベリーにはキナ酸も豊富で、これは尿を酸性にしてくれるため、膀胱炎や尿道炎の予防に良いと言われています。

ブラックカラント

ブラックカラントというと、ちょっと耳慣れない言葉ですが、「カシス」は聞いたことのある方が多いのではないかと思います。

ブラックカラントは日本ではカシスとして親しまれているフルーツで、非常に多くのアントシアニンを含み、ビタミンBやE、カリウムなども豊富に含まれています。

ゴジベリー

ゴジベリーは「クコの実」として料理に用いられることが多いようです。レモンの8倍ものビタミンCを含み、かつ9種類の必須アミノ酸をすべて含んでいるスーパーフルーツです。

アミノ酸、特にバリン、ロイシン、イソロイシンは体作りを強力にサポートしてくれる成分。運動を伴うダイエットの効率化を促してくれます。

まとめ

以上、美人赤汁の原材料10種の特徴、栄養素をご紹介いたしました。

美人赤汁はどちらかというとアンチエイジングに向いている健康食品だと言えるかもしれませんね。定期購入コースなら初回1箱が1,980円。ぜひお試しあれ。


青汁を飲み始めて健康生活キープ!便秘解消で肌もキレイ!

青汁 健康生活
青汁を飲む前の私はいつも不安でした。仕事の忙しさにかまけて不健康な生活を続けていたからです。野菜不足なせいで頑固な便秘になっていて、肌もボロボロでした。お腹の調子は常に悪いし、このままこの生活を続けていたら病気にでもなってしまうのではないかと危惧していたのです。この不健康な生活をしていることへの不安がさらなるストレスを呼んで体調を悪くしていました。このままでは体が持たないと思ったのです。

そんなときに私の前に救世主のように現れたのが「青汁」なのです。野菜不足を心配していることを話したら、友達から青汁を勧められました。最初は「青汁なんて…」とか思ったのです。青汁はまずいし、高いしというイメージがあって、あまりいい印象がなかったです。でも友達から青汁の手軽さや栄養の多さ、それに味に関してのことを聞かされて、徐々に興味を持ちました。

この青汁を飲むようになって、私の生活はガラッと変わりましたね。朝起きてすぐに青汁を飲んで、夕方もう一回青汁を飲んで毎日朝夕と2回も青汁を飲むのですけど、これを飲んでいたらすごくお腹の調子が整ってきて、体が元気になったのです。便秘が治ってくると肌の調子も良くなって肌艶も肌触りも良くなりました。肌荒れが便秘解消と共によくなったのです。

今は会社の人から「顔色が良くなった」とよく言われます。やっぱり不規則で不健康な生活のせいで見た目も不健康そうに見えていたらしいです。でも青汁を飲むようになってからは顔色も良くなったし、肌質も良くなったし、便秘も良くなっていいことばっかりです。こんなに健康的な生活が今できるのも青汁のおかげなのです。

今まで青汁を「マズイ」とか「高い」とかマイナスイメージを持っていたけど、私は青汁を飲み始めてその意識が変わりましたね。確かに高いと言うのは一理あります。でもその分栄養素がたっぷり含まれて、野菜ジュースよりもずっと野菜がたくさん入っていますし、味も無理しなくても飲めるくらいに美味しくなっています。

今の青汁は本当にすごいのです。友達から青汁をお勧めされて、健康的な生活ができるようになりました。飲み始めたことで今は毎日、溌剌とした朝を迎えています。


初めての青汁体験でわかった事


今回青汁を飲み始めてみようと思ったきっかけは、生活習慣病と医師に言われてしまったことがきっかけでした。私は正直、この30代と言う年齢ではまだまだ若いと自分の中で思っていましたが日ごろの生活習慣がいかにだらけていて、さらに食生活も乱れきっていたのかと痛感しました。

青汁は水に溶かしたものを毎日職場にももっていっていますし、家でも食事の時には必ず飲んでいます。野菜を多く取り入れる料理をしばらくは自炊していましたが、なかなか長続きがしないのです。何て言うのか、できるだけ多くの野菜を食べようと思えば思うほど料理が面倒になっていきました。最終的にはただ野菜を切っただけの、まるで小動物のえさのような形になってしまったのです。

もう野菜はいいやと、投げやりになっていた時にたまたまテレビで青汁のコマーシャルを目にしました。有名なメーカーさんのものでしたが、その内容にどんどん引き込まれていき番組が終わるころには電話注文していました。青汁は、いろいろな会社がいろいろな成分内容で売り出していますので自分が気になる配合をしている青汁を購入したらよいと思います。

私の場合は野菜に乳酸菌が配合されている青汁を購入しました。以前から便秘も悩みの種だったので、本当にこの青汁に出会えてよかったと思っています。何しろ味がおいしいので、コップ1敗はすぐに飲めてしまいますし、たったこれだけの量で良いのですから毎回の食事には欠かさず飲むようにしています。

仕事の合間にものどが渇けば青汁といった生活を1年近く送っているのですが、病院の検査では何もカモが改ざんされていました。先生も青汁ばかりが改善のきっかけになっているわけではないが、それでも飲まないよりは飲んだ方がいいなと言っていましたよ。

確かに青汁だけに頼ることは良くないと思いますし、生野菜も上手に取り入れていくことも大事です。しかしこの青汁を飲むという行為から、毎日の食事に気を遣うようになりましたし、外食も減りました。昔ながらの素朴な和食が、今では心からおいしいと思えるようになっています。

人間、味の濃いものに慣れてしまえばそれまでですが、こうして自分でなんでも改善していこうと思えばできないことはないと思います。現にこんなに面倒がって、いつも外食だった私が自炊するようになったのですから。青汁を生活の一部に加えて、今は毎日便通もありますし体調もいいのでこれからまだまだ頑張ってそして現金過ごしていこうと思います。